先日の前期試験当日に、恵迪寮で前期茶話会を行いました。

試験で疲れた受験生の皆さんをねぎらうとともに、現寮生と交流することで実際の寮の様子を体感してもらおうという企画です。

試験後にも関わらず、多くの受験生が来てくださりとても嬉しかったです。

 

それでは式次第について。

恵迪寮の企画の例にもれず、校歌「永遠の幸」の斉唱から始まります。

(これ、寮生には常識なのですが受験生は結構驚いていました。)

そして、執行委員長・入寮銓衡委員長・新歓実行委員長による挨拶がされました。

ちなみに、寮で言う「挨拶」とは演台上で芸をすることを指します。三者三葉でとても面白かったです。入寮銓衡委員長の芸が一番強烈でした。なんと言いますか、可愛かったです。(後で僕が怒られそうですが。)

続いて、各部屋の芸大会へ。

B2外。

かの有名な某少年探偵アニメのパロディーです。関西弁の探偵役がとても面白かったです。個性的で。

C1外。

「年号」というタイムリーな話題に時事問題をぶちこみまくった高度な芸でした。いろいろ凄かったです。

あと、このためだけに某第一書記ヘアーにしたヘドロ君(1)も凄いです。流石。

C1内。

内科医研修の話です。内容が過激すぎて詳細が書けません。受験生は思い出しながらニヤつくなりしてください。

 

部屋芸の後は、応援団応援吹奏団によるパフォーマンスがありました。

(※恵迪寮のみの団体ではないですが、構成員の多くが寮生です。)

下の写真、今回は寮歌普及委員長ではなく応援団ボロ羽織担当、トクトヨ君(1)です。

緊張感に満ちた演武で受験生を圧倒させていました。とてもかっこよかったです。

 

〆は明治45年度寮歌「都ぞ弥生」の斉唱です。

受験生と現寮生がともに肩を組み、共用棟に歌声を響かせました。

 

全体会の終了後は各部屋ごとに受験生をお迎えして、夜食歓談を行いました。

我らがB1は鍋・たこ焼き・チーズフォンデュの3品を作って受験生を迎えました。

 

ぜひとも全員、新歓期にまたお会いしたいものです。それでは。

 

文責:ネギ(1)

 

 

 

 

 

先日行われた北海道大学前期試験の前日に、恵迪寮は入寮相談寮内見学会を行いました。

具体的な活動としては、高等教育推進機構と文系等の前の入寮相談所の設置、生協主催の住居相談会での相談ブース設置パネルディスカッション参加などです。

写真は、文系棟前に設置した入寮相談所の様子です。

試験会場の見学に来た受験生や保護者の方など多くの方に、入寮に際しての諸質問や寮内の実際の様子などについてお伝えすることができたと思います。

受験生の方々にはきっとまた新歓期に会えると信じております。

また、入寮が決定した方にはその旨を電話でお伝えします。(※事前に承諾をいただいた方のみです。携帯電話の場合は非通知でかかってきます。)

 

また、今回の入寮相談会などにより初めて恵迪寮の存在を知ったという方がかなり多くいらっしゃいました。

今回の入寮に関しては書類の申し込み締め切りが過ぎてしまっているため、4月に入寮することはできませんが、今年も8月ごろに中途補充の公示がされることと思いますので、その際にぜひお申込みください。

よろしくお願いします。

 

文責:ネギ(1)

 

恵迪寮では、前期試験の当日茶話会を開始します。

入寮を考えている受験生に、実際の寮の様子を見てもらおうという企画です。

試験の終了時間に合わせて、試験会場付近に恵迪寮生が待機しており、受験生の皆様を寮まで案内します。

 

試験後でお疲れのこととは思いますが、実際の寮の様子を体感できる貴重な機会です。

寮生一同お待ちしております。

 

文責:ネギ

217日に忠類ナウマン全道そり大会が行われました。ダンボールで作ったそりでスピード部門と、デザイン部門で競います。そしてなんと、優勝賞金が最大13万円!これはアツイ。ということで士幌委員会主催のそりスキーツアーに行って来ました。

 

1日目の道中は占冠駅(無人駅)に寄ったり、層雲峡で氷瀑まつりを見たりと思い思いに楽しんで小屋へ

 

俳優っぽいピン造さん(2)

 

そしていよいよ2日目、本番です。

スピード部門のそりはこちら

 

銀◯の将軍とその圧倒的腹筋の作者TKMKさん(2)

 

乗るのは寮内随一のマッチョ、どーふぁー(1)とふくし(1)

 

途中で将軍の体が分離し、最後は走ってましたが、会場は笑いに包まれていました。

 

 

 

 

デザイン部門は幽霊船、乗組員の雰囲気は全く合ってないですが。

 

 

あべし(1)、楽しそうなぼー(1)、沖縄出身の島袋(1)。

 

ぼーが片手に持ってるカッコいい剣は筆者とちゅうえい(1)の力作魔剣ネクローシスです。えっ、カッコよくないですか?そうですか。。。

結果は、

・・・

 

 

 

 

残念ながら入賞できず、他のそりは制作に1年かけていたものもありクオリティが段違いでした。

 

終わった後はリフトがタダになりスキー、スノボざんまい。ごっつあんです

セカンド(1)の雄姿

 

真剣な表情の池田さん(3)

 

 

いやー、イケメンですね、石渡さん(4)です。

 

 

士幌ツアー参加は2回目でしたが、やっぱり楽しいですね。スキーもできたし。

もっと士幌行きたいなぁ

おまけ

 

 

アンニュイなおだじ(1)

 

 

すえき(1)

全部雪のせいだ

 

:ついにブロガーデビューしたあつし

先日のブログで告知した新歓グッズについて触れていきます。

まずグッズとは揃った絵(シルク)を載せた服などのことです。クラスTシャツと同じようなものと考えていただければ分かりやすいですかね。委員会や部屋でお揃いのものを作って一体感を出します。恵迪寮の衣、食、住の衣の部分ですね。

 

新歓グッズはその名の通り新歓のためのグッズです。そのグッズを手がけるのが新歓グッズPTです。

その新歓グッズPT長の牧俊改マキシュン(1)です。

外にでも気軽に着ていけるようなハイセンス、ハイクオリティなグッズを作ると意気込んでいます。

彼が着ているパーカーが彼らの手がけた最初のグッズです。シルクをご覧ください。こんなシルクはこれまで見たことありません。躊躇うことなく学校に着ていけますね。

シルクにも入っていますが、彼は新歓グッズPTをMKG(マジな、ケイテキ、グッズ)と名付けています。このMKGの始動グッズは10時間にも及ぶ会議の末に生み出されたそうです。

確かに発売された頃は寮内でこのグッズを着る人が溢れていました。

 

 

そして先日のブログの後ろ姿は

新歓情宣PT長の石崎克也改セカンド(1)です。彼は新歓期毎日演台芸をすると意気込んでます。

 

彼の着るこのTシャツと下のズボンが新歓の情宣のためのグッズです。

これらももちろんmade by MKGです。

どちらもなかなかシュールなシルクのグッズになっています。これを着て情宣してきます。

 

これからもたくさんのグッズが販売されることでしょう。また新しいグッズが販売され次第報告したいと思います。楽しみにしていてください。

 

 

文責    グッズはあまり持っていない湯浅

怒涛のテストラッシュが終了し、成績も開示され、春休みを謳歌している今日この頃。

恵迪寮ではとあるテストが行われました。

数学(算数)のテスト?いいえ、違います。本日行われたのは、「寮歌テスト」です。

写真の問題で用いられた寮歌は、H15「ああグッと」です。

そんなに盃を重ねる必要があるとは、思ってもみませんでした。

 

寮歌に用いられている語句を用いた問題や、作成年度を問う問題、あるいはリスニング問題など様々な問題が出題されました。

教科は、数学・国語・理科(物理・化学・生物・地学)・リスニングと多岐にわたっており、センター試験をほうふつとさせました。

 

国語やリスニングは想像できますが、理系の問題に関しては専門的知識が多くあり、文系殺しでした。

積分、式量算出、物理的現象名、寮歌に出てくる植物の分類etc...

しかも、計算に用いる数値がその寮歌の作成年度であったりと、なかなか難しい。

それでも何かしら寮歌に関係しており、もはや作問技術に少なからぬ感動を覚えました。

 

聴解問題からの一コマ。普及委員の会話を聞き取って、その内容に合致する寮歌を選択するという問題。

(委員長のトクトヨ君(1)と委員の小野寺君(1)

 

寮歌についてもう少しちゃんと覚えておけばよかったなあと思いましたが、とても楽しかったです。

 

文責:ネギ(1)

 

ここ最近の体育館使用をまとめてご紹介。

今期初と思われる芝面を借りることができたので、サッカーをしました。

冬の北海道ではこんな機会がなければサッカーなんて到底できませんね。また一緒に運動する仲間が身近にいるのも寮ならではです。


別日にはドッジボールを行いました。

最後の1人になり狙われるドーファー(進級確定)とそれを狙う太郎さん(卒業確定)


ちなみに「手前の奴のTシャツ派手だな、これを着るやつの顔が見てみたい」と思った方もいらっしゃる?かと思いますが、これは新歓グッズです。

グッズってなに?って思った方もいらっしゃると思いますので、また別のブログで新歓グッズについて触れたいと思います。


この日はドッジボールをすると予告されていましたし、20:30から21:40までの短い時間だったので流石にとは思っていましたが…

やはり

バスケをします。なんでこんなに好きなんですかね?僕にはわかりませんが、確かに盛り上がります。


このように週一回程度の貴重な時間を有意義に過ごしています。雪のせいで運動不足なんて言い訳が通じなくなるのがいいですね。また寮のそばにはトレーニングセンターもあります。寮の生活と運動は切っても切れない関係ですね。


また次回の体育館使用は一味違った企画を用意しています。お楽しみに。




文責   免許取得間近湯浅




みなさん、こんばんは。π乙です。

 

先日、なにやら玄関が騒がしいかと思ったら。

玄関前で環境整備委員会主催の雪像大会が行われていました。

 

我らがB1の作品:寮長五分目(3)モチーフ?のアザラシ

 

寮の入り口がだいぶ賑やかになりました。

札幌は現在雪まつり中ですが寮内でもちょっとした雪まつり気分です。

 

夜は鍋居酒屋があり、雪像づくりで冷えた体を温めました。

 

雪いっぱいの北海道ならではって感じの1日でした。

最近は本州でも雪が降っているそうなので皆さん雪道には気をつけてくださいね。

 

文:π乙

2月14日はバレンタインデーですが、我が炊務部員あべし(1)の誕生日でした。

ということで、バレンタインデースペという名の生誕祭スペを行いました。

右があべし、左が同じく誕生日のティッシュさん(3)その2人に挟まれるとくたろうさん(2)


生誕祭スペという名前でよかったのに隊長のあべしは自分の生誕祭スペを自分で作るのは恥ずかしいとのことで公にしませんでした。とは言え、たくさんの人があべしの誕生日を祝福してました。

お誕生日おめでとう。



文責   あべしのごっつぁん品ハンター湯浅

延齢杯や暁の大決斗、観楓会といった文化活動常任委員会主催の伝統企画の1つであるジャンプ大会が行われました。

 

ジャンプ大会では己の内に秘めた熱く込み上げてくる衝動を抑えきれなくなった寮生が、二階から高く積まれた雪山に向かって飛びます。安全対策はされているのでご安心を。

しかしただただ飛んでいるのでは面白くないので、どれだけ笑いを取りながらジャンプできるかが勝負の分かれ目です。個人戦と団体戦に分かれて行われます。

個人戦第3位の佐々木さん。全身ポスカラの奇抜なジャンプでした。

 

個人戦優勝のしょうだいさん(2)

文常の議案を使ったハイセンスな芸で優勝しました。またこのように協賛もいただいております。

 

 

今回は団体戦優勝チームのC1外のジャンプ大会の芸を紹介したいと思います。

 

田舎である青森から津軽海峡を越え、北海道へ移住することが禁止されていた世界でのお話である。

左の福士と右のえいこは北海道に住んでいるが、福士は青森出身であることを隠している。

北海道では青森出身だとバレた瞬間に奴隷のような扱いを受ける。例えば、りんごに詳しかったり、味噌汁にせんべいを入れる等の発言をしてしまった場合に青森出身だとみなされる。

学ランを着ている取締役の2人に取り押さえられているのは青森出身がバレてしまったヘドロ。しかしそれをかばった福士も青森県民と見なされてしまう。

えいこちゃんも福士を追いかけて青森へと向かうがそこで青森の田舎具合を目の当たりにする。

しかしそんな田舎で周りから見下されている青森県民であったが、青森以上に田舎でなにもない、埼玉県民を奴隷として飼い慣らしていた。

という物語でした。

 

書き終えてわかりましたが、これだけでは面白さが伝わりませんね。

出演者は実際の出身地であるためそこのリアリティと途中途中で入る小ネタが面白かったですね。ストーリー性があったのも面白かったです。

他の部屋も面白い芸をたくさん用意していました。来年はもっと頑張りたいと思います。

 

寒い中でしたが、天候にも恵まれていました。また炊き出しでも温かいそばを食べることができ、寒さをしのげました。

一般公開もしてますので、是非皆さん来年見にいらしてください。

 

文責 埼玉県出身湯浅

 

 


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM