昨日、4月3日は受け入れの最終日でした。それつまり、新入寮生が勢ぞろいする特別な日です。

そんな日に恵迪寮ですることと言えば...やはりストームでございます。

赤フン一丁の男子たち(※女子は服着用)が共用棟で叫び暴れる姿は新入寮生にとって衝撃的なものだったと思います。というか僕も入寮当初はかなり衝撃を受けました。(もし新入寮生がこの記事を読んでいたら一言、意外と慣れるよ大丈夫。)

本日はストームの中心にシャンプー(多分)が投げ込まれ、泡まみれでのストームとなりました。

終わった後のインタビューに答えてくれた新入寮生の伊藤君(1)

「想定外、でも意外と楽しかった」とのこと。

まあそうですね、全力で叫んで暴れていい機会なんてほとんどないと思います。なんというか、アドレナリン(?)が出て楽しいです。

 

ストームもそうですが、恵迪寮独特の文化には外から見たら理解しがたいものもあると思います。でも、どれも「恵迪寮でしかできない」体験の一つと思います。新入寮生にはぜひそれを体験してほしい、という思いがあります。とりあえず難しいことは置いておいて、僕らが新歓にかけているエネルギーを新入寮生に感じてもらえたらいいなと。

夜な夜な挨拶を練習する声が響き、「都ぞ弥生」の前口上を掛けられる新入寮生が現れ始める今日この頃。

いよいよ恵迪寮の新歓が始まります。

 

文責:一度書いた原稿のデータが逝去して地獄を見たネギ(2)

 

 

先日の記事で少し触れましたが、新入寮生の入寮時には「部屋決め」なる行事を行います。

まず初めに、新入寮生に演台の上に立ってもらい、名前と出身校、希望する部屋形態やエッセンの有無を述べてもらいます。

特に様式があるわけではないのですが、恵迪寮流の挨拶(大体の人は部屋廻りに際して練習します)を既に真似している人もいたりします。順応力が高いです、凄い。

その次は各部屋による芸。全部屋がやるわけではないのですが、やった部屋に関しては大体雰囲気が分かります。おそらく新入寮生が初めて垣間見る寮文化。筆者も去年見たときは、なかなかに衝撃を受けたのを覚えております。

いくつか抜粋を。C1外:金〇恩ことヘドロ君(2)の散髪、

C5外:ネットでよく見る某有名ビデオのパロディをする松田(2)

などなど。

全部の紹介はできませんが、どの部屋も大変に個性的です。

各部屋の芸の後は、いよいよ新入寮生に部屋を選んでもらいます。新入寮生は希望する部屋のボードを掴み、それをもって意思決定とします。

ちなみに、個室と複数のいずれを選ぶことも可能です。

 

2か月後に部屋替えが控えているため、短い期間の部屋とはなりますが、受け入れの部屋は今後の寮生活の中で大きな影響を受ける部屋だと思います。また、受けドン(=同じ部屋に受け入れられた人)は、その後長く関わっていくことが多いです。

希望の部屋に入って、(あるいはもし当初の希望と違う部屋に入ったとしても、)新入寮生にはきっと何かしらの出会いがあるはずです。

新入寮生に良き出会いあらんことを願います。それとともに、良き出会いと思ってもらえるような上の年目たりたいものです。

 

文責:ネギ(2)

 

元号も発表となり、いよいよ4月1日。恵迪寮では、一年で一番忙しい日を迎えました。

約100名程度の新入寮生が一日のうちに来寮し、恵迪寮への仲間入りを果たしました。

写真は部屋決めの一幕。

新入寮生が出身校や希望する部屋形態などを述べたのち、各部屋が部屋紹介の芸を行い、その後に新入寮生に希望する部屋のところへいってもらうという決定方法を採っています。

自己紹介、部屋紹介、どれを一つ取っても各々の個性が出ていて面白かったです。

新入寮生の部屋がだいぶ決まりだした夕暮れ時、共用棟にて寮歌指導が行われました。

多分、一年で一番参加人数が多いのではと思うほど、人に満ちておりました。新入寮生のエネルギーって凄いなあと感じました。

寮歌指導で適度にお腹を空かした後は、お待ちかね炊務部によるスぺ

新歓期毎日行われるスぺの最初を飾ったのは「麻婆豆腐」。花椒が効いていてとても美味しかったです。

 

これから始まる新歓期、新入寮生を精一杯歓迎するのはもちろんのこと、情宣対応として企画の様子など積極的に発信していく予定です。なにとぞ、読んでいただければ幸いです。

 

 

文責:ネギ(2)

先日、執行委員会会計部にて「ラスゴチ」なる行事がありました。

ラスゴチとは「ラストごっつぁん」の意味です。

恵迪寮では、一年目は上の年目に「ごっつぁん(=食事等をおごってもらうこと)」してもらえます。

「ラスゴチ」はその最終日、いわば一年目最後の日というわけです。

 

各部屋ごとに様々なラスゴチがございますが、あくまで僕が所属している執行委員会会計部の話を書きます。

あくまで一例と思っていただければ。

まず最初はイタリア料理屋さんへ。

トランプを引いて、出た目の数×2切れのピザを食べるという企画。

僕は24切れ、ホール3枚分、結構きつかったです。

次は、一息つくべく水族館と科学館に行った後に、ドーナツを買い、その後帰寮。ドーナツの個数は...ご察しください。

再度寮を出発し、カラオケに行った後に、〆のヤンマー全トピ(山岡家辛みそ大盛りトッピング全種載せ)。

写真は初めは美味しそうに食べてる、会計部1年目三人組です。

全トピのヤンマーはラスゴチの〆の定番です。

 

かなりきつくはありますが、ごっつぁんしていただける最後の機会。

わりかし食い極に落ち着きますね。

恵迪寮生の2年目以上の人に会ったら、「ラスゴチどうだった?」というと話のタネになるかもしれません。

 

これからは2年目、つまりは「ごっつぁんする」立場です。

それだけではなく、上の年目としての自覚をもって寮生活を送ろうと決意しました、そんな一日。

 

文責:ネギ(2)

 

みなさん、こんにちは!π乙(2)です。

今年度もそろそろ終わり…と、いうことで恒例のアレの時期がやってきました

そう!ラスゴチですね!(ラスゴチとは、一年目が最後に上の年名に色々ごっつあんされる日のこと、通常は31日に行われるが、炊務はスペの関係上少し早く行われる)

 

我々炊務部はまずみゆきちゃん定食(美味しくて安いお寿司が食べれるお店です)で腹を満たした後

コールドストーン(アイス食べ放題のお店、アイスを注文すると店員さんが歌いながら作ってくれる)で

アイスの食べ放題にチャレンジしました。

寒くて謎の表情を見せる龍角散(1)

 

その後はラウンドワンでスポッチャ&ボウリング&カラオケへ

熱唱する湯浅(1)

 

その後、たまゆらで身を清めたあと、我々が向かったのは…

みなさんご存知、ヤンマーです!

(ラスゴチのヤンマーは全トピといって通常のヤンマーに加えてトッピングを全部注文するのです)

やられながらも果敢に挑むあべし(1)

 

これにて、炊務のラスゴチは終了しました。

一年目たちもそろそろ上の年名になり、ごっつあんする立場となります。

新歓期、楽しみですね!

 

文:π乙

3月30日は我らが物管長平田さん(2)の誕生日ということで、生誕スペのマルゲリータを配りました。

左が平田さんで右がウォーキンさん(2)

すぐに完売してしまいました。みなさんお祝いできましたか?


無事に進級されて今年も一緒に寮生活が送れて本当によかったです。

これからも一緒に執行委員として頑張るのはもちろん、今以上に部屋と寮を盛り上げていきましょう。



文責  平田さんと一緒にほのかにいったのが思い出深い湯浅


追いコンというタイトルがほとんどですね。最近は卒寮生を見送る日々です。


今回は追いコン士幌ツアーということで2泊3日で士幌小屋に行きました。

今回は2泊3日だったので普段では行くことのできない帯広より更に東に行くことができ、追いコン生の希望の北海道旅行を実現できたのではないでしょうか?


僕が行ったのは釧路と摩周湖、屈斜路湖です。

釧路

右が筆者で左が311期によく風呂に一緒に入ったこもろみさん(水産移行)

海鮮を食べました。帯広は内陸のため海鮮はなかなか食べる機会がないので士幌ツアーの海鮮は新鮮でした。


摩周湖

凍ってました。

摩周湖は霧が晴れていたらとか、雨が止んでいたら婚期が遠のくという噂があるのですが、見ての通り快晴です。我々には結婚は遠い話ですが、追いコン生は間近の問題かもしれないですね。


屈斜路湖

湖のほとりにある温泉を巡りました。

すごく綺麗な景色を眺めながら入る風呂は最高ですね。この大自然の中にいる裸の人間は何か人間の原始的な姿をみたように思いました。

またただの温泉巡りではなく自分たちで温泉を開拓しようと硫黄の匂いがして煙の出ているところに秘湯を求めて探索もしました。

結局収穫はなにもありませんでした。


他の班では

網走まで行っていました。網走刑務所は恵迪寮と構造が同じことで有名ですね。


また佐藤さん(5)が

温泉のコインゲームでSwitchをゲットするという快挙を成し遂げたり、さまざまなドラマが生まれました。



追いコン生は士幌ツアーで北海道の色々なところにこれまで足を運んだことでしょう。どれもいい思い出になるといいです。

また一緒に士幌小屋に泊まれるといいですね。



文責   今年度は士幌ツアーに5回参加した湯浅

今年度、恵迪寮ではアルバムを制作しました。

内容は302期から311期までのものです。

値段は¥4200‐(送料別)、P42でフルカラーとなっております。

卒寮生の方など、もしほしいという方がいらっしゃいましたら、keitekialbum@gmail.comまでご連絡ください。

アルバムPTによる力作となっております。

購入を考えていらっしゃる方はお早めにご連絡お願いします。

 

文責:アルバムPT;代筆ネギ(1)

先日、寮にて追いコンライブが開催されました。

卒寮生の皆さんに歌ってもらうこの企画、発起人はこのお方。

たいがさん(2)。企画のみならず、運営、ギターの演奏、PAと様々な面から追いコンライブを支えてくださいました。

当日の風景を少々。

圧倒的な歌唱力で会場を沸かせるハラミさん(7)。力強い歌声を共用棟中に響かせていました。

こんな一幕も。キャシーさん(5)が演じる「きゃーぱみゅぱみゅ」。見切れてしまっていて申し訳ないですが、着ぐるみ隊の二人とともに、本物さながらのダンスを披露してくださいました。

トリはこのお方、竹槍さん(6)。全身に歌詞を書いて赤フンというとてもバンカラな姿を見せてくれました。

 

全員分載せることができず申し訳ないですが、他の卒寮生の方々も素晴らしいパフォーマンスをしてくださいました。

また、今回のライブに当たっては現寮生を含む多くのPT員が活躍しました。

卒寮生の皆さん、おめでとうございます。そして、PT員の皆さん、お疲れさまでした。

 

文責:ライブの裏方忙しすぎてあんま見れなかったネギ(1)

先日、伝説?の310期炊務部長のティッシュ(3)の追いコンスペがありました。

 

メニューは「闇タイカレー」?

タイカレーは彼のスペシャリテですが(めちゃくちゃ辛いで話題 笑)「闇」とは!?

 

どうやら闇鍋方式で全寮から具材を募集するそうです。そして、出来上がったメニューがこちら!

見た目は普通のタイカレーのようですが…(上のパスタみたいなものは突っ込まないでください)

 

 

 

スライドで入った商材の紹介が行われました

クジラ肉、鱈、明太子、パクチー、タコ、柿の種、きな粉、キャラメルなど…(あのパスタのようなものはそばのようです)

途端に味が心配になりましたが、いざ、実食!

 

辛い!他のクセの強い食材をかき消すくらい辛い!

結局普通のタイカレーと同じようにおいしく食べれました!

 

ティッシュさん!ごちそうさまでした!

そして、卒寮おめでとうございます!

 

文:π乙


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM