3月も早くも中旬になりました。世間一般では卒業シーズンを終えられたころですかね。

 

恵迪寮も例外ではなく、3月は多くの寮友との別れを経験し、4月には新たな寮友との出会いがあります。

 

追いコンとは卒寮していく寮友を盛大にお祝いし、送り出そうという宴です。

 

今回の追いコンは

「エントラッセン、達者でな。」のテーマのもと行われました。

これは医龍から来ていて、会場も龍と病院をテーマに装飾されました。

 

柱に龍が巻きついたような装飾。

 

 

 

いやー入院生活を思い出しますね。とはいえこんな不気味な看護師さんは流石にいないですね。

 

 

さて追いコンのメインイベントですが、卒寮生の挨拶と送辞、答辞があります。

 

まずは追いコン生の挨拶です。挨拶といってもただ一言喋るだけではなく、部屋ごとに演台芸をします。これまでの寮生活の集大成ですね。

 

部屋の追いコン生が1人のためピン芸になったこもろみさん(2,水産移行)

本来なら3人での芸だったはずなのですが、、、

しかしピン芸の自由度を最大限生かして多くの一発ギャグで笑いをかっさらいました。

ちなみにこの写真は僕のお気に入りのギャグの「埼玉県の米農家」というネタだったのですが、内輪過ぎてあまり受けてなかったですね。

 

団体芸の中でもクオリティの高さを見せつけたC3外。左から西田さん(4,卒業)、一平さん(6,卒業)、ちゃんピンさん(5,卒業)

 

役者が揃ってましたね。鉄板の寮のネタでしたが、流石の面白さでした。ちゃんピンさんが体を張ってました。

 

 

斬新な演台芸を見せたE1でした。曲に合わせて歌を歌いながら、ところどころでセリフが入るというミュージカル演台芸でした。

テニスの王子様を元ネタにしていた様です。スポットライトを浴びるティッシュさん(3,水産移行)が主人公でした。

 

どの部屋の芸も面白かったですね。やっぱり寮生活の経験値が違うなと思いました。

 

 

 

追いコンの目玉とも言える送辞、答辞ですが、寮生代表として送辞を読み上げたのは

西川怜改め太宰府さん(2)

2年目の人が読むのはかなり異例なのだとか。大役でしたが堂々とされていました。

 

 

そして卒寮生代表として答辞を読み上げたのは

早川留架改め竹槍さん(6,卒業)

306期執行委員長で現在寮にいる中で1番年目の高い執行委員長経験者です。だからという訳ではないですが、選出の際もほとんど満場一致でした。

 

やっぱりかっこよかったです。会場の寮生みんながきっとあんな上の年目になりたいと思ったはずです。流石でした。

 

 

水産放浪歌と別離の歌を歌い,最後は都ぞ弥生で終了しました。一緒に寮歌を歌えるのも残り少ないと思うと感慨深いですね。

 

 

僕は初めての追いコンでしたが、上の年目の方々の凄さを改めて感じられました。別れてしまうのは惜しいですが、それぞれの進路に向けて頑張って欲しいと思います。

 

 

文責   卒業記念品を用意させていただいた湯浅

 

 

先日恵迪寮にて追いコン座(=劇)が行われました。

キャストや裏方含め、追いコン生がメインに参加していただくという晴れ舞台の一つです。

今回の劇は、オムニバス形式で行われ、複数の人が脚本を担当しました。

少しづつ紹介します。

(卒寮生は「卒」と記しています。)

一つ目の脚本。

人の思い出を整理する仕事のお話。

脚本は我らが追いコン座長、アーミーさん(2)

キャストはガッキー君(1)龍角散君(1)一平さん(卒)。身振り手振りを交えた生き生きとした劇をしてくれました。

二つ目の脚本。

死にたい女性と幽霊のお話。

脚本はネギ(1)

写真は湯浅君(1)まりんさん(卒)。まりんさんは、座が初めてとは思えない高い演技力で注目を集めていました。

また、地獄の場面では、たななさん(卒)太郎さん(卒)が会場の笑いをかっさらっていました。

三つ目の脚本。

来るか分からない不思議な人を待つ話。

脚本は冠さん(卒)

西之園さん(4)セカンド君(1)のコンビ、コントかと思うほどユニークな二人組に会場は終始沸いていました。

四つ目の脚本。

「士幌小屋」を舞台とした殺人事件の話。

脚本は森さん(8)

タッパー(1)、ふくし(1)、住谷さん(卒)、ぼのぼのさん(卒)による演技。

全員とても良かったですが、ぼのぼのさん(卒)は役にはまりすぎてもはや恐怖でした。

最後の脚本。

思い出にふける大人たちの話。

脚本はアーミーさん(2)です。

多賀城さん(卒)、たかまこさん(卒)、やまとうさん(卒)による演技。

コメディカルなセリフの中に大人な雰囲気が漂っていてとてもよかったです。

 

キャストはもちろんのこと、照明や舞台設置といった場面でも多くの卒寮生にご協力いただきました。

本当にありがとうございました。

座に関する「最後の引継ぎ」の意味合いもあるのだと感じました。

これからは下が寮を支えていく立場になっていきます、頑張らなければ。

 

文責:ネギ(1)

3月6日に三ヶ月間の語学留学でアメリカに行っていたふくこさん(2)が寮に帰ってきました。

その名の通り逆追いコンということで、帰寮されたことを祝して乾杯しました。


309期共に執行委員会をしていたピン造さん(2)からの一言。

なにやらカメラに向かって、驚いているような顔をされていますね。

向こうの寮での相部屋のノルウエー人の女性が綺麗すぎてヤバかったそうです。一目見てみたいものですね。笑


異国で多くの経験をされて帰ってこられたふくこさんからいろいろなお話しを聞きたいですし、また一緒にご飯にいきたいと思いました。



文責   大学での目標は留学することの湯浅



ますぐさん(卒寮確定)が、これまでの寮でエッセンなどを通して培ったものの集大成として麺スペを行われました。

その名も高山真直炎の麺スぺ

カメラ目線の福士(1)の後ろにいるのがますぐさん。

 

 

メニューは30食限定のラーメンなのですが、このラーメンを食べるには2つの条件があり、

一、丼すりきりの米を盛ってくること

二、食べ終えるまで帰れないこと

 

この条件をのめる者だけが食べることのできるスペシャルでした。

なにやら食い極の予感と思い、心を躍らせて参加しました。

 

ブレブレなんですけど、ラーメンはこんな感じで、鶏ガラの出汁をとった醤油ラーメンでした。なにやら出汁はもともと豚骨で取っていたところハプニングがあったとか?

 

非常に美味しいラーメンでご飯も進みました。

攻めた米の盛り方でヤラレていたネギ(1)

 

 

最後には麺の出来に満足行かなかったますぐさんが、お詫びの演台芸をされました。

 

カッコいい上の年目の姿を見せてくださったますぐさんでした。

 

僕ももう上の年目になるので見習いたいものです。

 

 

また本日で東日本大震災から8年が経ちました。昨年も北海道で地震があったりなど震災を風化させないようにしていきたいと思いました。

 

文責    自分も卒寮するときにはスペをしたいと思った湯浅

 

 

 

今年度は寮祭が記念すべき110回ということで第百十回記念祭歌と平成30年度寮歌が作られました。

 

今回は平成最後の寮歌となる平成三十年度寮歌を決めました。候補作は七つでました。

この折節の風は2つの曲がつきました。

 

 

どれも歌詞から曲まで凝ったものでした。

そのせいか得票数は本当に接戦でした。

 

発表は実際に開票されながら行われました。

結果はこのようになりました。

 

平成三十年度寮歌となったのは樋浦一希君(2)作家、作曲

「広がりし海原に」です。

第百十回記念祭歌「蔦壁照らす」とは打って変わって、太鼓も叩かれない穏やかな曲調となっています。

 

 

 

投票に関してですが、1人一票のため総得票数が50票程度ということで50人しか投票がなされていないという現状です。春休みで人が少ないとは言え、寮歌への関心を持たない人が多数いることは明白でしょう。

 

時の趨勢に負けず、この新しい寮歌も含め、歌い継いでいきたいと思います。

 

 

文責    寮歌テストの結果待ちの湯浅

 

 

 

全国の皆さん、こんにちは!π乙です!

今回は士幌の記事!ワカサギ釣りツアーです!

 

舞台は士幌小屋から車で約2時間、阿寒湖!

 

広がる銀世界!湖ですよ!

 

そして、釣竿を借りて、釣りスタートです!

早朝で寝てるのか釣っているのかわからない福士(1)

 

当初は本当に釣れるのか不安でしたが、当日は大漁!

小屋に持ち帰っても食べきれないほどでした!

 

また来年もワカサギ釣り行きたいと思いました。

 

文:π乙

毎週の寮生の楽しみである体育館使用ですが、今回はな、なんと18:10から21:40までの3時間半。こんな長時間で企画をしないわけにはいかないと文常で運動会を開催しました。


ただし、ただの運動会ではありません。

まず最初の種目はパン食い競争

懸命にカンパニーを頬張る食い極PT長ぼーちゃん(1)

結局彼は半分も食べずにバトンタッチしました。

パンは恵迪寮生御用達のお店ボストンベイクのパンです。


次の種目はブラインドサッカー

あれブラインドサッカーって腕まで縛るもんでしたっけ?それにしても嬉しそうな顔してません?


次の種目はアルティメット

アルティメット?って方もいらっしゃると思うのですが、左のほうにピンクの未確認飛行物体あるじゃないですか。それを投げ合い点数を取り合うスポーツのことです。

初めてやる人も多かったと思うのですが、意外と面白く、盛り上がりました。


最後はキックベース

小学生ぶりにやりました。やっぱり面白いですし、盛り上がります。


運動会とはありましたが、あまり勝ち負けにこだわらずみんな和気あいあいと楽しみました。このような企画を体育館使用でまた行いたいですね。



文責    やっと運動できるようになってきた湯浅

別にフライドチキンは作りません。

そう我々は、「Keiteki Folksong Club」(恵迪フォークソングクラブ)。先日始動した「寮内サークル」の一つです。

この「寮内サークル」について少々書かせてください。

恵迪寮には多くの人が住んでおり、必然そこには交流が生まれます。

企画・スぺ・部屋・学科の友人・同じサークルetc...

このように多様な交流関係が存在しますが、全寮を完全にカバーすることは難しい現状があります。そのために、もっともっと交流の機会が必要です。しかも、従来の企画一辺倒の現状も解決が望まれます。

そのような意見から生まれた新しい枠組みが「寮内サークル」です。

このサークルは、企画になかなか出られない人や、楽器が得意な人、ライブが好きな人、などなど色々な人との交流を期待しています。

 

発起人はこのお方、スミトモさん(2)。

ギターの演奏もさることながら、寮内屈指の切れ者という方です。

この日は3バンドの出演があり、合計9曲を演奏しました。400人いる寮生の中には、本当にとても演奏が上手な方が結構いらっしゃいます。そういう人と一緒に演奏できるのはとても楽しかったです。会場もとても盛り上がっておりました。

 

それではまた次のライブで。

 

追記:近日中に新たな寮内サークルができるかも...?お楽しみに。

 

文責:KFC部員Key.Dr.担当ネギ(1)

 

先日の前期試験当日に、恵迪寮で前期茶話会を行いました。

試験で疲れた受験生の皆さんをねぎらうとともに、現寮生と交流することで実際の寮の様子を体感してもらおうという企画です。

試験後にも関わらず、多くの受験生が来てくださりとても嬉しかったです。

 

それでは式次第について。

恵迪寮の企画の例にもれず、校歌「永遠の幸」の斉唱から始まります。

(これ、寮生には常識なのですが受験生は結構驚いていました。)

そして、執行委員長・入寮銓衡委員長・新歓実行委員長による挨拶がされました。

ちなみに、寮で言う「挨拶」とは演台上で芸をすることを指します。三者三葉でとても面白かったです。入寮銓衡委員長の芸が一番強烈でした。なんと言いますか、可愛かったです。(後で僕が怒られそうですが。)

続いて、各部屋の芸大会へ。

B2外。

かの有名な某少年探偵アニメのパロディーです。関西弁の探偵役がとても面白かったです。個性的で。

C1外。

「年号」というタイムリーな話題に時事問題をぶちこみまくった高度な芸でした。いろいろ凄かったです。

あと、このためだけに某第一書記ヘアーにしたヘドロ君(1)も凄いです。流石。

C1内。

内科医研修の話です。内容が過激すぎて詳細が書けません。受験生は思い出しながらニヤつくなりしてください。

 

部屋芸の後は、応援団応援吹奏団によるパフォーマンスがありました。

(※恵迪寮のみの団体ではないですが、構成員の多くが寮生です。)

下の写真、今回は寮歌普及委員長ではなく応援団ボロ羽織担当、トクトヨ君(1)です。

緊張感に満ちた演武で受験生を圧倒させていました。とてもかっこよかったです。

 

〆は明治45年度寮歌「都ぞ弥生」の斉唱です。

受験生と現寮生がともに肩を組み、共用棟に歌声を響かせました。

 

全体会の終了後は各部屋ごとに受験生をお迎えして、夜食歓談を行いました。

我らがB1は鍋・たこ焼き・チーズフォンデュの3品を作って受験生を迎えました。

 

ぜひとも全員、新歓期にまたお会いしたいものです。それでは。

 

文責:ネギ(1)

 

 

 

 

 

先日行われた北海道大学前期試験の前日に、恵迪寮は入寮相談寮内見学会を行いました。

具体的な活動としては、高等教育推進機構と文系等の前の入寮相談所の設置、生協主催の住居相談会での相談ブース設置パネルディスカッション参加などです。

写真は、文系棟前に設置した入寮相談所の様子です。

試験会場の見学に来た受験生や保護者の方など多くの方に、入寮に際しての諸質問や寮内の実際の様子などについてお伝えすることができたと思います。

受験生の方々にはきっとまた新歓期に会えると信じております。

また、入寮が決定した方にはその旨を電話でお伝えします。(※事前に承諾をいただいた方のみです。携帯電話の場合は非通知でかかってきます。)

 

また、今回の入寮相談会などにより初めて恵迪寮の存在を知ったという方がかなり多くいらっしゃいました。

今回の入寮に関しては書類の申し込み締め切りが過ぎてしまっているため、4月に入寮することはできませんが、今年も8月ごろに中途補充の公示がされることと思いますので、その際にぜひお申込みください。

よろしくお願いします。

 

文責:ネギ(1)

 


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Total

Today

Yesterday

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM